不要になった洋服

・売れるものはリサイクルショップで売ってしまう

引っ越しのときは、不要なものはできるだけ処分をし、引っ越しを機に断捨離したいと考えますよね。
断捨離のときにもっとも処分を考えるのが、洋服です。

そのときは気に入って購入したけれど、自宅に帰って着てみたらイメージしていた雰囲気と違っていた。
だけどもったいないので処分できない、というケースもあるでしょうし、もう着ないけれど高かったから処分できない、というケースもあると思います。

断捨離の専門家に言わせると、購入して1年間着なかった服はその後も着ることはないので処分するべき、という意見があるほど、服は思い切った気持ちで処分することが大切なようです。

洋服を処分するときは、知り合いに譲ったり、リサイクルショップに持っていくというケースが一般的。
リサイクルショップの場合、「こんな服も売れるのかしら」と思うような服が意外な価格で売れたりするので、まずは持参してみるとよいと思います。
ただし、ブランドの服は買い取り率が高いですが、ノーブランドの場合は買い取ってもらえないこともあるようです。

また、リサイクルショップによっては「1g1円」で洋服を買い取ってくれるところもあります。
ブランド以外の服を1円でもお金にしたいという人は、こうした買い取りを行ってくれるリサイクルショップを探してみるとよいかもしれません。

・知っていますか?「洋服ポスト」

リサイクルショップが近隣にない、もしくは不要な服を少しでも社会活動に役立てたいという人におすすめしたいのは「洋服ポスト」という団体です。
洋服ポストは、不要な服を寄付すると、所属している人たちが寄付された洋服を整理し、アジア圏を中心とした世界各地の古着マーケットに出品してくれます。

日本では古着というと一部を除いてあまり好まれない傾向にありますが、アジア圏ではまだまだ貧困に悩む国々がたくさんあり、そういった国に暮らす人にとっては、日本の古着はとても上質なものとして重宝されるのです。

また、かなり古く古着としては活用できないような洋服も、団体を通じて寄付され、断熱材に使用されるなど、形を変えて役立ちます。
どんな古着も無駄になることなく再利用してもらえるのです。
日本ではただゴミになってしまうのに、海外ではボロボロの古着もちゃんと再利用されるなんて、日本ももう少し不用品についての意識を改善しないといけませんね。

洋服ポストの会場に衣類を持っていくだけで、あとは担当の人が洋服を処理してくれますので、手間がかかることはありませんし、自分の洋服が何らかの形で役立っていると思うと、うれしい気持ちになりますよね。
古着の処分の際は、洋服ポストに持参することもぜひ検討してみてはいかがでしょう。