引っ越しクリップとは?

引っ越しを成功させるためには

春先になると道路上に引っ越しのためのトラックが数多く止まっているところを見かけます。

進学や転勤のシーズンなどでは急なスケジュールで引っ越しをしなければいけないということもあり、取り急ぎ多くの段取りを一気に手配しなければならないことも多いでしょう。

現在引っ越しを行うときにはほとんどの人が業者に依頼して運搬をしてもらうことと思いますが、近場への引っ越しであっても1回の利用で数万円はかかるのが相場となっており、特殊な荷物や大きな荷物がある場合になると10万円以上になってしまうということも珍しくありません。

さらに引っ越し前には新しい部屋の手配をするとともに、それまで住んでいた住居の引き払いのための手続きもしなくてはならず、全体を通して必要になる費用や作業時間はかなりのものとなります。

急いで手続きをしなければいけないときなどは特にできるだけ自分が行う作業を少なくしたいと思うため、お金を払ってでも早くに処理できる業者にお願いをしたくなります。

しかし1回の引っ越しにかかる総額は単身でも50万円近く、家族全員での移動なら100万円近くもが必要になることもあるのであまりにも全てを業者まかせにしてしまうというのは相当の費用を覚悟しなければいけません。

何度か引っ越しに慣れてくるとするべきことがわかってくるのでどの部分で費用や時間を短縮することができるかということがわかってきます。

まだ引っ越しに慣れていないという人も、あらかじめ引っ越しに関わる手続きにはどのようなものがあるかということがわかってくれば、自分なりの節約方法をとっていくことが十分な可能なはずです。

引っ越しに関わる段取りを意識しましょう

引っ越しをするときに必要になる段取りとしては、「引っ越しまでの準備」「引越し当日の作業」「引越し完了後の手続き」の三段階があります。

このうち最も面倒で手間がかかるのは最初の「引っ越しまでの準備」で、現在の部屋の解約と新しい部屋探しをしながら引越し業者を手配したり、引っ越しまでに不要なものを処分したり逆に新しい家具などを購入したりということをしていかなければいけません。

しかしそれは言い換えれば引っ越しをスムーズに進めるかどうかのポイントは最初の準備と手配にあるということで、きちんと最初にスケジュールを立てればそれだけで8割くらいは成功したも同然ということになります。

初めての引っ越しの時などにはまず引っ越しに関わる手続きをチェックリストとして用意しておき、それらをいつまでにしなくてはいけないかということをスケジュール管理してみてください。

自分で必要な手続きがよくわからないという人は、不動産業者や引っ越し業者のサイトなどにテンプレートが掲載されているのでそうしたものを参考にしてみることをおすすめします。

意外なところで追加料金が発生することも

しかしいくら綿密に計画をしていても、必ずそのとおりに引っ越しの段取りが進むかというとそういうわけではありません。

よくあるケースとして、引越し業者にあらかじめ見積もりをお願いしていたところ実際の作業に入ってみたら予定外の作業があることに気づき、そのためにかなり多くの追加料金がかかってしまったというようなものです。

また事前に下調べをしたときの情報をもとに計画をしていたところ、自分の引っ越しのタイミングは繁忙期シーズンに入ってからだったために希望する日に予約をつけることができなかったり、料金がかなり大幅な割増になってしまっていたというようなこともあります。

そうした予定外の事態というのは必ず起きるものだと思った方がよく、時間も費用もギリギリではなくある程度余裕をもって準備しておくというのが最善策と言えるでしょう。

このサイトでは引っ越しに関わる疑問やよくあるトラブル事例などを紹介しつつ、より快適に引っ越しを成功させるためのコツをまとめていきます。